MENU

メディアを駆使して、雇用の理想を叶えていく

名古屋
株式会社オーサムエージェント 代表 竹村 優 氏
名古屋発、21世紀を代表する会社への仲間入りをめざす株式会社オーサムエージェント。熱い想いを胸に、ビジネスの成長に全力投球する若き経営者の竹村優(たけむら ゆう)氏に、急成長の原動力となった求人メディアや現在のビジネス戦略、仕事へのモチベーション、今後の展望などを軽やかに、そして爽やかに語っていただきました。

自分の力で、裕福になってみせる。

竹村社長が起業に興味を抱いたきっかけを教えていただけますか?

幼い頃から商人気質を持っていたようで、お金を稼ぐことや交渉事に興味がありました。小学生の頃にカードバトルに熱中していたのですが、自分が集めた200枚の弱いカードと友達が持つ1枚のレアカードを交渉・交換していました。野球部に所属していた高校時代には短期アルバイトで稼いだ1万円を握りしめてリサイクルショップに走り、そこで買ったものをオークションで転売し倍に増やして高級グローブを買ったこともあります。

「経営者」に強い憧れを抱いたのが、たしか高校3年生の頃。ITの分野で活躍する経営者の中でも特にサイバーエージェント社長の藤田晋さんに憧れて、起業を志すようになりました。家がそれほど裕福ではなかったので、「自分の力で大きく稼いで、この状況を変えたい!」と感じていたんです。

起業までのキャリアについてもお聞かせください。

大学では経営学を学び、自分でビジネスをしたいという想いを持ち続けていたのですが、「実際にどんなビジネスがしたいのか?」という答えが見つからなかったため、さまざまな業種にふれることができる求人系の広告代理店に就職しました。

その広告代理店に在籍したのは3年半ほど。1年目の営業成績はごく普通でしたが、2年目から売れるようになってきて、入社2年半で全国ナンバーワンの成績を達成、その成果が認められて課長になりました。新卒から入社2年半で課長というのは、その会社の中でも異例のスピード。それが自信となって、マネジメントを1年ほど経験した後、独立に踏み切りました。

どんな“想い"をもって起業したのでしょうか?

一番の想いは「自分が関わるすべてのお客さまの求人を成功に導く」ということでした。サラリーマン時代からお客さまに頼られたり、喜んでいただけることにやりがいを感じていたので、そこを突きつめようと考えました。また、求人系の広告代理店業務だけを行うというのは面白くないので、創業時から自社運用メディアを立ち上げました。

ドライバーの求人に特化した「ドラピタ」。エリアを広げ、全国展開へ

2016年に起業された「オーサムエージェント」社名の由来をお聞かせください。

オーサム(Awesome)とは、「すごい!」「すばらしい!」などの感動を表すコトバです。びっくりするくらい優秀な仕事をすることで「Awesome!」を世界で一番集めることができる会社をめざすという想いを託しました。ロゴマークにも「!」をあしらうことで、会社の姿勢や理想を表しています。

現在はどのような事業を手がけられていますか?

求人広告の分野を軸に、さまざまなメディアを展開しています。ここ最近で急成長を遂げているのが、ドライバーの求人に特化した「ドラピタ」(https://dorapita.com)です。愛知県はドライバー関連の求人が特に多いエリアですが、立ち上げわずか半年で愛知県でのシェアナンバーワンメディアに成長しました。これまでは中部地方をメインに事業を行ってきましたが、この(2018年)4月からはエリアを広げ、全国展開を行っていきます。

起業と同時に立ち上げた「pittashi」(http://pittashi-job.com)にも、大きな期待を寄せています。これまでの求人メディアのほとんどが高時給や短時間勤務、短期可などの「雇用条件」からマッチングを行っているのですが、世の中には、同じ条件では採用できないお店もたくさんあります。これまでの経験で、すごくいいお店なのに人手不足が原因で閉店してしまうケースもたくさん見てきました。「pittashi」は雇用条件とは別の視点、たとえば「会社・お店の理念や歴史」や「そこで働く人」にフォーカスを当てています。条件面からは見えてこない求人企業の空気感や現場の雰囲気、ここで働く意義などをクオリティの高い写真と文章でていねいに描き出してあげることで、求人企業のファンになって入社してもらうという理想のカタチを支えています。

世の中のインフラ構築を手がけたい。

経営者としてこだわっている部分を教えてください。

一番は、仕事をとにかく楽しむこと。僕自身も、すべてのスタッフも仕事を楽しめているかを重要視しています。仕事は人生の大半を占めるもの。それが楽しくないともったいないというマインドで仕事と向き合い、社員一人ひとりがプライドを持って主体的に働ける環境づくりを心がけています。「仕事をイヤイヤする社員をゼロにする」ことにこだわっています。

もう一つ重視しているのが『経営資源の集中』です。自社で運用するすべてのメディアを同じように伸ばすのではなく、「今はここ!」という部分を集中して伸ばすことを心がけています。現状は大手のように各メディアに潤沢な予算をかけられるわけではないため、他社がまだ取り組んでいないビジネスの隙間の領域を、スピード感をもって獲りに行く戦略をとっています。また、求人広告のカテゴリーにとらわれず、ベンチャーだからこそできる事業のシフトを大胆に行っていくことも大事にしています。

経営者として、社員に何を求めておられますか?

オーサムエージェントの代表は僕ですが、社員には僕が作った会社だとは思わず『一緒に立ち上げた会社』だと思ってもらいたいと考えています。元営業マンの僕一人の力だけでは、会社を成長させることができないとわかっているからです。そのことを社員のみんなに常に伝えていますし、数字に関してもみんなに公開しています。

今後の展望・ビジョンを教えてください。

ズバリ、21世紀を代表する会社に仲間入りしたいですね。現状は、これからやってみたいアイデアや温めているビジネスプランが多すぎて、マンパワーがまだまだ追いついていない状況です。求人広告の領域で会社の基盤を築き、そこから大きく成長させ、憧れる経営者の方々とお酒を飲める間柄になるのが目標です。具体的な数値目標は10年で100億円規模の会社にすること。上場も視野に入れて、ビジネスを進めていきます。ブログサービスで成功し、現在はインターネットテレビに注力をされている藤田晋さんのように、新たなサービスにいち早く取り組んで成功を収め、そこから信念と情熱を持って「これからの世の中に必要なインフラ」の構築を手がける存在になるのが、僕が抱く大きな夢です。

取材日:2018年2月16日

株式会社オーサムエージェント

  • 代表者名: 竹村 優
  • 設立年月:2016年9月
  • 事業内容:インターネット上でのメディア事業/求人広告代理販売事業/宣伝、広告及びPRに関する企画、立案・クリエイティブワーク・コンサルティング業務
  • 所在地: 〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目4-3 ウェスタンビル1F
  • 電話番号: 052-581-4200
  • URL: http://awesome-agent.com
続きを読む