MENU

仙台の食の伝統と安全を守り続けた老舗企業が生んだ『MCTオイル』を インターネット事業を通して日本、そして世界へ発信!

仙台
勝山ネクステージ株式会社 取締役事業統括責任者 COO 岩井 理恵 氏
元禄年間創業以来320年以上もの間、仙台を代表する銘酒醸造元「勝山酒造」を母体として、宮城調理製菓専門学校をはじめ、レストランや婚礼施設の運営など、食の伝統と安全を守り続けてきた勝山(かつやま)企業グループ。今回、紹介するのはその新たなステージとして、2016年に設立されたばかりの勝山ネクステージ株式会社です。ダイエット・アスリート・脳機能改善など、幅広い分野での効果が期待できる『MCTオイル』の販売を行う同社では、インターネットや卸売りを通して、設立1年にして大きく売り上げを伸ばしています。今回は立ち上げから尽力してきた取締役事業統括責任者の岩井理恵さんに、設立の経緯から今後の展望まで、興味深いお話をたっぷりと伺いました。

年配者の体へのおもいやりが、『MCTオイル』との出会いに

まずは事業内容について教えていただけますか?

当社は元禄年間創業より約320余年続く勝山酒造株式会社を母体とし、『MCTオイル(中鎖脂肪酸油)』の販売を行う企業として、2016年に設立しました。当グループは宮城調理製菓専門学校や婚礼・宴会・飲食店舗を経営する勝山企業株式会社「仙台勝山館(せんだいしょうざんかん)」も営んでおり、正しい食文化や料理技術の継承・発展に携わっております。そのグループから誕生した当社は、毎日の食からみなさまを健康へと導くことを目的としています。設立時は自社ホームページでの通信販売から始まりましたが、現在では全国の法人様への卸売りが半分くらいの比率になり、おかげさまで創業1年にして大きく売り上げを伸ばしております。

どのようなきっかけで、設立へ至ったのですか?

当社社長のご兄弟が医療に携わっており、『MCTオイル』を使ってダイエットをしている先生と出会ったのがはじまりです。ご兄弟の専門は整形外科で、体重の増加により膝や腰の痛みに悩まれるご年配の方々を治療しており、運動をしないで体重を落とす方法を模索していました。この話が社長の耳に届き、事業計画がスタート。それから『MCTオイル』の原料リサーチや30名くらいのダイエットモニターの方々にご協力いただき、2年くらいかけて研究をしました。『MCTオイル』の原料はココナッツかパームフルーツの2種類がありますが、少し値段が高くなっても栄養価の高いココナッツを原料に選びました。実は『MCTオイル』の原料にココナッツを取り入れたのは、日本では当社が初めてなんです。そして、ダイエットの実績や原料の準備も万全に整えて、2016年2月26日に設立しました。

『MCTオイル(中鎖脂肪酸油)』とはどういうものですか?

『MCTオイル』とはMedium Chain Triglyceridesの略称で中鎖脂肪酸のことを表します。中鎖脂肪酸とは油を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームフルーツというヤシ科植物の種子の核部分に含まれる天然由来の成分になります。簡単に体内へ吸収できるのでエネルギー源になりやすく、他のオイルと違い体脂肪として体に貯蓄されにくいのが最大の特徴です。簡単にお伝えすると、お腹に溜まりやすいのに、いくら飲んでも脂肪にならないということですね。日本ではまだ馴染みのないオイルですが、ダイエットはもちろんのこと、脳機能の改善やアスリートの体力維持に高い効果が期待できるため、アメリカやドイツなど海外ではよく知られているんですよ。

脳機能の改善やアスリートの体力維持とは、具体的にどういうことですか?

脳機能の改善とは、高齢者の認知症予防や改善を表します。脳は糖質と脂質、どちらもエネルギーにできますが、認知症は「脳の糖尿病」と表現されることもあり、糖質由来のブドウ糖などの栄養素が供給されなくなるのが要因とも言われています。そのエネルギー源を脂肪由来のケトン体に変えることで、4人に1人の認知症患者が改善したというエビデンスも出ております。当社では、台湾の認知症ケア施設にご協力いただき、26名の認知症患者に、1ヵ月間『MCTオイル』を摂取していただくモニタリングを実施しました。現段階では、26人中2人に認知症の改善が見られたと報告を受けているので、これからがとても楽しみです。アスリートに対する効果は、『MCTオイル』が生成する「ケトン体」をエネルギー源にして、持続力向上や速やかな疲労回復が期待されています。ダイエット・アスリート・医療系と、とても将来性のある商材だと思いますね。

フリーランスから会社員へ転身。チームで取り組む楽しさを実感

岩井さんは入社前、フリーランスでお仕事をされていたそうですね。

はい、当社へ入社する前、7年間ほどフリーランスで広告ディレクターなどのお仕事をしておりました。特にフリー生活の最後あたりは広告ディレクターとして企画と構成を考えて、ライターとカメラマンを束ねる役割を担っていました。ひと通りフリーランスの仕事も経験したら、自分の中で結論が出て、もっと幅広い仕事をしたいと思ったのです。それで、子どもが小学校に上がるタイミングで、勝山企業に広報として就職しました。フリーランスも楽しいですが、ここではチームで仕事に取組む楽しみを感じられますね。事業設計も若手の成長を見られるのも楽しいですし、コミュニケーションを取りながらスキルアップしていけるのが会社員かもしれないです。自分にはない20代の若い感性も学べますし、互いに足りない部分を補っていけるのではないかと思います。

入社後はどのような業務に取り組まれたのですか?

広報部門の担当として、レストラン3店舗、宴会、ブライダルの販促物のディレクション、ホームページのリニューアルやSNSの立ち上げなど幅広い業務を担当してきました。並行して新規事業の構想にも携わり、新しいソーセージの開発や通信販売などネット事業に力を入れるべく、「本当に勝山の魅力を生かせるものは何だろう」と、半年くらい模索が続きました。その中で『MCTオイル』の事業が生まれ、現在に至ります。今は広報の仕事もしつつ、事業統括として販売計画や営業、輸出入業務、人材育成など、幅広い業務を行っております。

実際に広報業務に携わってみて、いかがでしたか?

入社当初、現場とクリエイティブな部署を繋げ、全体を俯瞰するポジションがなかったんです。だからこそ、自分がディレクターとして入ることで、点と点を繋げられる役割を担えたと思っています。また、当社のモットーとして外部に発注せず、パンフレットやラベルも自社でデザインをするスタイルを取っています。もちろん外部へ発注すると新しい風が入るんですが、会社のことをよく分かっている社内の人が担当するからこそ、思いを反映したデザインが生まれますし、社長のこだわりにも臨機応変に応じられるので、社内で作るメリットを感じました。あと、実際に初めて広報を担当したので、分からないことや悩むこともたくさんありましたが、これまで様々な事業を経験してきた社長が、常に良い方向へ導いてくれて、ここまで来られました。

現在、通信販売というネット事業に携わり、どのようなメリットを感じられますか?

仙台にいながら、北海道から沖縄までたくさんのお客様と出会えるのは、ネットショップならではの魅力だと思います。今では台湾といった海外ともお取引しています。当社にとってはホームページが店舗なので、とても大切な存在ですね。ネット事業だからこそ、少人数でも24時間販売できますし、これまで当社グループはレストランや結婚式場など実際に建物を構える正反対の事業をやってきたからこそ、ネット事業の魅力を感じております。

本当に必要としている人へ届けるため、今後は医療系にも力を入れて

岩井さんご自身、御社の魅力についてどう思われますか?

『MCTオイル』の事業を立ち上げる際に、多くの商社様に営業をさせていただきました。その時に実感したのが、長い間「酒」と「食」に携わり、料理学校やレストランを経営する当社だからこそ、営業先に信頼していただけたということです。当社に入社して、真摯な姿勢で事業に取り組み続ける大切さを学びましたし、これこそが勝山グループならではの魅力であり、強みだと思いました。

今後の事業展開について教えていただけますか?

ダイエットやアスリートなど様々なジャンルがありますが、今後は医療系にも力を入れていきたいですね。持病を持っている方で、心からこの『MCTオイル』を必要とされている方がたくさんいらっしゃると思うので、そういう方々に届けるためにも、よりマーケットを広げていきたいと思っています。まだまだ伸びしろがあるので、これからますます楽しみですね。

最後にクリエイターへのメッセージをお願いします。

仕事のスキルは経験の中で培われていきますが、情熱や考え方はいつでもポジティブに変えられます。クリエイティブなスキルを伸ばしつつ、仕事に対する考え方や熱意を育んでいくのが大切だと思います。もしこれから企業への転職を考えている場合は、会社の理念とか社長の考え方が自分に合っているのか?をしっかり見ると、より良い転職ができるのではないかと思います。

取材日: 2017年5月17日 ライター: 桜井玉蘭

勝山ネクステージ株式会社

  • 代表者名(ふりがな):代表取締役社長 伊澤 泰平(いさわ たいへい)
  • 設立年月:2016年2月
  • 資本金:500万円
  • 事業内容:食用油の販売
  • 所在地:〒989-0011 宮城県仙台市青葉区上杉5丁目3-36 第三勝山ビル2F
  • URL: https://www.shozankan-shop.com/
Tags:
続きを読む