MENU

お客様からの「ファイブスター評価」を 目指してワンランク上の完成度を提案

仙台
ファイブスター株式会社 代表取締役 半澤 満氏
ファイブスター株式会社は、仙台市青葉区にあるマーケティング戦略、ホームページ制作・運営、コンサルティングを行う会社です。代表取締役の半澤満さんが一人で営む同社は、広告会社の営業マンとして全国を飛び回っていた経験をいかして、地元・中小企業の運営をサポートしています。五つ星(ファイブスター)の評価をいただけるように、お客様の要望のワンランク上を提案し続ける半澤氏。制作物を作って終わりではなく、運営や効果測定まで責任を持って取り組む姿には、お客様の要望に応えたいという真摯な姿勢が感じられます。創業から10年目を迎える半澤氏に、起業までの経緯や仕事をする上で大切にしていることなどを伺いました。

全国を飛び回る広告営業マンから起業へ

まずは、半澤さんのこれまでの歩みを教えていただけますか?

私は大学を卒業後、2年間と決めて、フリーターをしながらバンド活動をしていました。芽が出ない内に、2年のリミットを向かえて就職活動をしました。その頃は発想が単純で、Macを使えたのでクリエイティブな方向に進みたいと思っていました。もちろん、世間はそんなに甘くなく、デザイン会社や印刷会社はことごとく不採用(笑)。そんな時に出会ったのが、パチンコ業界の広告制作を手がけるゲンダイエージェンシー株式会社でした。何も経験がない私に「営業として働いてみないか?」と声をかけてくださったのが、広告の世界に入ったきっかけですね。同社は八王子で設立されたベンチャー企業で、仙台の立ち上げメンバーとして採用していただき2年間営業として勤務した後、仙台の営業所長を経験、その後は本社の営業部配属になり日本中を飛び回りました。

営業職を通して学ばれたことは、どのようなことでしょうか。

お客様が求めるものを形にすることも大切ですが、+αで自分がいいと思うことを反映して、お客さまが求められている以上のものを形にして、ご提案することの大切さですね。 私は、営業職でしたが、デザイナーの作業を手伝うこともあり、広告制作のスキルを身に付けることができたのも今現在に役立っています。私が同社に勤める期間、パチンコ業界の広告規制が緩和され始め、紙媒体はもちろんのこと、テレビCMやラジオCMにも打ち出せるようになったので、ありとあらゆる広告媒体が経験できました。

それから、どのような経緯で起業されたのですか?

勤めはじめて9年が経った頃、会社が上場して、自分の中でも一区切りがつきました。年齢的にも30代になっていて、上の娘が小学校に上がる時期で、いろいろなタイミングが重なりました。同社の社長に憧れていたこともあって、憧れている分、追いつきたいという気持ちも大きかったのです。それで退職をして、2006年5月にファイブスター株式会社を立ち上げることになりました。

同じ思いを持った仲間たちに支えられながら現在に

起業後に始められた事業内容について教えてください。

以前の会社では印刷物の売上が高かったのですが、ネット印刷なども出始め、これでは価格勝負なってしまうと、印刷物ではなくWebを活用した広告展開を始めようと思いました。そこで最初に取り掛かったのが、ガラケーから美容室を予約できるシステムの代理店業務、これが全然売れなくて(笑)。きっと時代の3歩くらい先を行ってしまったんですね。その頃は、美容室の方に営業に行ってもWebと聞くだけで、難しいと思われてしまうような時代でした。それから徐々にWebの時代がやってきて、現在はマーケティング戦略、ホームページ制作・運営、コンサルティングを中心に事業を展開しています。ホームページを作って終わりではなくて、運営はもちろんのこと、効果測定も含めて、アフターフォローまでしっかりサポートさせていただいております。お取引先としては、多種多様な職種の地元・中小企業様ですね。お取引させていただいたお客様の紹介で広がることが多く、とてもありがたく思っております。

起業して良かったことや大変だったことはありますか?

そうですね、いろんな紆余曲折がありましたが、人に悩み、人に救われながら、ここまでやってきました。知名度も実績も何もないゼロからのスタート。会社員時代とは違って、大きな看板があるわけではないので、売上としても大変な部分はありましたが、いつも周りの方々に恵まれていました。自分でひとつひとつ実績を積み重ねて稼ぐお金は大きな意味がありますし、会社員時代にはなかなか出会えなかった、自分と同じように起業して頑張っている人たちや、クリエイティブな力で取引先をより良くしたいと思っている人たちなど、同じ思いを持った仲間たちに出会えたことも良かったと思いますね。

今後、力を入れていきたい事業は?

既存のお客様からのご紹介でご相談くださる方からのお仕事を引き続き大事にしていきたいと思います。また、1人でやっているのでマンパワー的な問題を考慮して、今後は、新規受注から納品までと運用のフォローを完全ネット上で完結できるような、アフィリエイトを利用した、自社メディアをいくつか立ち上げていきたいと思っています。 年月を重ねるごとにスタッフも増やしたいと考えております。できれば、社会人として2年くらいの経験があって、クリエイティブな世界に未経験者でも興味を持っている20代の方に来ていただけるとうれしいです。 どんなことにも挑戦して、時代のニーズをしっかりと把握しながら、前向きに取り組んでいきたいですね。

大切にしているのは、ワンランク上の完成度を提供して お客さまからのファイブスター評価をいただくこと

1605_5star_01

企業のWeb活用に関して、どのようにサポートしていらっしゃるんですか?

中小企業様の中には「ホームページを持つ」というと難しく考えたり、よく分からないがために、無駄な契約を結んでいる方々を、たくさんお見受けします。本来、ホームページというものは、会社の資産になるもので、運用している期間の長さが重要で、上手に活用すれば、とても効率よく運用できる優秀な広告媒体なんです。当社では、Web活用に不慣れなためクライアント様に対して、ホームページの作成から運用、効果測定までしっかりとサポートを行うので、安心してご利用いただけます。「ホームページはよく分からない」「以前契約して効果が出なかったから」と諦めてしまっている方々にも、ぜひ一度ご相談していただきたいですね。

お仕事をする上で、ご自身が大事にしているポリシーを教えてください。

「仕事」ってお客様の悩みを解決するものだと思うのです。私にとってのやりがいは、お客様からの“ありがとう"という言葉と“笑顔"。なので、お客様が求めるものより、ワンランク上の完成度やサービスを提案して、社名の由来にもなっている5つ星(ファイブスター)の評価をいただくことですね。

最後に若い人たちにメッセージをお願いします。

よく「失敗を恐れずに」と言いますが、私は一度失敗した方が良いと思うんです。それが経験になって、その人の成長の糧になり、やがては財産になります。私も起業後にとても辛い思いをして、もうダメじゃないかと思ったこともありましたが、その経験が今の自分を作っていると思うのです。失敗さえもプラスに捉えて、自分の好奇心に従いながら、まずは前へ進んでみてくださいね!

取材日:2016年4月14日 ライター : 桜井玉蘭

企業名 ファイブスター株式会社

  • 代表者名(よみがな): 代表取締役 半澤 満(はんざわ みつる)
  • 設立年: 2006年5月
  • 資本金: 990万円
  • 事業内容: 広告の企画・制作、SEO対策を含んだWEBページのコンサルティング、通信販売の商材卸業務、 各種イベント企画・立案・運営事業
  • 所在地: (本社)宮城県仙台市青葉区広瀬町4-8 LT仙台広瀬1509 (サテライト)仙台市青葉区中央2丁目10-1 第二勝山ビル4階 クラウドガーデン内
  • TEL: 050-3693-1769
  • FAX: 022-774-1769
  • URL: http://www.fivestar-inc.jp/
続きを読む

関連記事

風雲会社伝をもっと見る