MENU

ECのことなら なんでも頼れる会社を目指して

大阪
株式会社Ryuki Design(リューキデザイン) 代表取締役 緒方 隆二氏
株式会社Ryuki Designは「売れるデザイン」を強みに、ECサイトのランディングページ制作に特化したデザイン会社です。楽天ショップの店長兼デザイナーの経歴を持つ緒方隆二代表取締役は、これからの時代を担う若きリーダー。緒方氏が考える“売れるデザイン”、目指す会社像、求める人材ついて伺いました。

声をかけていただいたのがきっかけで起業。

以前は、楽天ショップの店長をされていたそうですが、そこからどのようにして起業されたのですか?

会社を立ち上げようとは、全く考えていませんでした。たまたま、運です。(笑) 以前は、楽天ショップの店長をしていたのですが、会社を辞めて独立しようと考えていたときに、当時ホテル事業を営んでいらっしゃた方のサイトを制作させていただき、それがご縁で、「独立するなら会社にしませんか。僕が、お手伝いします」と声をかけていただいたのがきっかけです。

そんなサポートがあるとは。緒方さまの仕事への信頼と人徳ですね。 社名の由来は?

社名は、5分ほどで決めました。(笑) 自分の名前の一字と起業の一字から。お客様の売上げを隆起すると言う意味も込めています。

設立から売り上げは順調ですか?

設立当時は8社ほどのお客様からはじまり、現在730社ほどの制作実績があります。 スタッフは、デザイナーが約13名、ディレクターが4名、プログラマーが2名、そのほかに、カメラマンがおります。

撮影スタジオもお持ちですよね?

はい。通販用のブツ撮りは本社内でも行っていますが、上町(大阪市中央区)にセットを組んだ貸しスタジオを持っていて、そちらも撮影に使用しています。 貸しスタジオは、時間制料金システムで何人かで借りれば安くなることもあって、土日はコスプレーヤーの利用で、賑わっています。朝から夕方まで、グループで写真撮影を楽しむために利用しているようです。(笑)

ユーザーファーストのデザイン。売り方の数だけコンテンツがある。

ECサイトの転換率(アクセス数に対して商品が売れる確率。コンバージョン。)は、平均1~2%と言われる中、御社が制作したサイトは、それ以上の成果を上げているそうですが。

ECサイトの売上げは、集客力や知名度によるところも大きいので、単純にサイトデザインだけで立つものではありませんが、月商1億円のサイトのデザインもさせていただいています。僕自身も3年前から和歌山の柑橘系の商材を取り扱うショップのサポートをしており、シーズンには、転換率は30%を超えることもあります。

30%ですか。それは、相当、高い数字ですよね。それだけ、固定のお客様、リピーターが多いと言うことでしょうか。

はい。ユーザーファーストで、デザインしています。 同じ有田みかんでも、サイズの違いや見た目の良し悪し、訳あり、ギフト用など、様々な売り方があるんです。ですので、同じ商品でも売り方によってページを増やしていきます。そうすることで、小さいサイズを買う方にも、大きいサイズを買う方にも、買いやすいページを目指しています。 サポートしているショップ様の場合、広告はかなり絞っていて、コンバージョン率の良さそうなものだけ、広告を打っています。売れるからと言って、費用対効果の悪い広告には費用をかけません。

なるほど。では、御社が考える“売れるデザイン”とはどのようなデザインですか?

見やすさ、構成を考えて、お客様が求めている情報を視覚的に伝えることはもちろんですが、訴求の仕方で“欲しいと思わせる コンテンツを含めたデザイン”です。 例えば、美容・健康に良いと言われるプラセンタには、効果がたくさんあります。「プラセンタ、肌荒れ」で検索したときに、プラセンタのベネフィットがたくさん書かれたランディングページを制作し、そこに飛ぶように誘導する。商品の特長の数だけ購入可能性のある潜在的なお客様がいるのです。ターゲットを絞るのではなく、いかにユーザーにその商品を買いたいと思わせるかを考えたコンテンツを作ることも含んだデザインが、“売れるデザイン”です。

1512_ryuki_01

成功も、失敗も、経験を重ね学んだモノの売り方。

御社の今後の展望を教えてください。

今はデザインと構築、商品撮影で納品ですが、将来的にはECサイトのすべてをやりたいと考えています。集客のためのサービスは、広告代理業も含めて、うちに頼めば一気通貫で販売までできる会社にしたいです。 現在の売上げを毎年25%成長で伸ばし、7年後に年商10億円にする予定です。デザイン会社で年商10億円の会社は少ないと思うんですよ。

緒方社長は、これまでにマーケティング戦略を専門的に学ばれたご経験はお有りなのでしょうか?

いえ、これまでの経験から、体感的に学んできました。仕事をやりながら、本などを読むと、自分のやってることが、整理できることもあります。いろんなことをやっているので、現在、仕事が順調なのは、たまたまです。はずれたサテライトサイトも数多くありますよ。

ユーザーのキモチでクライアントに提案できるデザイナーに。

経営者として、どのような会社を目指していますか?

仕事や人間関係においてプレッシャーのない、スタッフが自慢できる会社にしたいです。

では、どのような人材を求めていらっしゃいますか?

ユーザー目線になれる人ですね。クライアントから商品の話だけを聞いて作ると、取説のようなページができるんです。そうではなく、その商品を実際に使って、モニタリングして、その商品の良さを表現できる人、クライアントに売り方を提案できる人を求めています。

取材日:2015年11月5日 ライター:フルキ ノリコ

企業名:株式会社Ryuki Design(リューキデザイン)

  • 代表者名: 代表取締役 緒方 隆二
  • 設立年月: 2009年9月
  • 資 本 金: 1,000万円
  • 事業内容: ホームページ制作事業 写真撮影(スタジオレンタル) DTPデザイン事業 システムサービス事業 メイクショップ代理店業務 フューチャーショップ代理店業務
  • 所 在 地: 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
  • TEL: 050-3541-5719
  • FAX: 03-6893-5040(インターネットファクス)
  • URL: http://www.ryuki-design.jp/
  • お問い合わせ: info@ryuki-design.jp
続きを読む