WEB・モバイル2019.08.22

雰囲気づくり

広島
WEBデザイナー
Webデザイナーが技術以外で学んだ大切なこと
まめ

こんにちは。ガーリー専門デザイナーのまめです。

 

最近、電車や街で花火大会や夏の旅行などのイベントポスターを見ることが増えました。

 

ある花火大会の車内広告では、綺麗な花火の写真に浴衣の女性が写ったものでした。

写真もすごく綺麗だけど日付のフォントがオシャレだけど見づらいものでした。

 

写真は素敵なのに少し残念だなーと思っていたのですが、近くにいた女子学生がその広告を見て「〇〇花火大会あるんだ!行きたい!!」と友達と話だして「いつやるんだろう?調べよ!」っとすぐにスマホで調べて予定をたてはじめていました。

 

彼女たちはその広告から日にちを探すこともせずすぐにスマホで検索していました。

それを見てなんとなくスマホ文化に慣れている人にとっては、広告自体から日にちを探すよりも調べる方が早いと感じているのかなっと思いました。

 

そう考えると、電車や街中の瞬間的に見るものは大事な日付や期間なんかはそこまで目立たせなくても瞬間的に行きたい!欲しい!と思わせるデザインを重視した方が良いのかなっと思いました。

 

ユーザーの欲しい情報を載せようとデザインをしていることが多いけど、時には雰囲気だけで心を動かして行動させることも大切にしようと思いました。

プロフィール
WEBデザイナー
まめ
アパレル販売員から未経験でWebデザイナーに転職 クリエイター支援イベントの運営にも積極的に参加 現在は、ガーリー専門デザイナーとして会社員と副業フリーランスの二足のわらじで活動中 将来的には地域活性化のしごとに携わりたい

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP