MENU

CREATIVEクリエイティブ好奇心

見積・納品・請求書をかんたん作成 クラウド型請求ソフト MakeLeaps(メイクリープス)

Vol.119
メイクリープス株式会社 PR・広報担当 向原愛海さん
毎月の見積もりや請求書発行業務に忙殺されていませんか?ちょうど月末の発行時期は仕事も立て込んでいて、あわてて作ってはミスをしたり、そもそも発行や送付を忘れてしまったり…そんな請求関連業務を手助けしてくれるサービスが「MakeLeaps(メイクリープス)」です。なんと、サービス開始から約4年で数万アカウントが開設されたほど、急成長中の注目サービスです。そこで今回は、メイクリープス株式会社を直撃!PR・広報担当の向原愛海さんに、サービス開発のキッカケから今後の展望までお聞きしました!

請求業務に関する紙の書類を一掃! オンラインで作成、管理、郵送までを完結

メイクリープスのサービス概要を教えてください。

一言で言うと、書類をかんたんに作成、管理、郵送できるクラウド型請求ソフトです。受注発注業務や製品・サービス提供に関わる見積書、請求書、発注書、領収書などを、オンラインで簡単に作成し、データ送信は無料で、郵送も1通199円で完結できます。

サービス開発のキッカケは?

代表のジェイ・ウィンダーはオーストラリア人で、2003年にITコンサル会社を立ち上げました。主に外資系企業が日本法人を設立するときのインターネットインフラ構築などをしていたのですが、請求書や見積もりなど、とにかく日本では紙の書類のやり取りが多いことに驚いたわけです。そして、その紙の書類のやり取りに膨大な時間がかかることにもうんざりして、「どうにかできないのか?」と請求業務用のソフトウェアを自社開発したのがキッカケですね。

自分自身の「困った!」からスタートしたわけですね。

日本で仕事をしていれば、これは外国人に限らず誰でも直面する課題です。同じように日本で起業した経営者に見せると、「うちの会社にも欲しい」「ぜひ買いたい!」と評判が良かったので、ここにニーズがあると確信して開発を進め、2011年10月に請求書と見積書を作成、管理できるサービスを立ち上げました。2014年に資金調達をして法人化し、サービスの拡充や導入数の拡大に向けて本格的に動き出しました。

makeleaps_logo

Excel管理よりも時間短縮、効率アップ! 「顔」である書類業務を正確に、確実に、簡単に!

サービス開始当初は、どのような人がまず導入したのですか?

最初はフリーランスの人を対象にしてサービスを開発しましたが、ベンチャー企業、中小企業はもちろん、大手企業からも問い合わせが多くありましたね。最初に使ったのは、やはりWebに近い人で、Webツールへの感度が高いWebデザイナーやプログラマなどのフリーランスの人や、Webサービス運営会社やシステム会社に多く導入していただきました。

サービス開始からあっという間に数万ものアカウントを獲得していますが、どこが評価されていると感じていますか?

やはり、誰でも簡単に書類を作成できるところではないでしょうか。見積書から請求書、領収書など、ワンクリックで変換できるところも評価されています。今までの請求業務は、Excel管理がほとんどだと思うのですが、Excelは間違えるんですよね(笑)。日付が違う、計算が違う、宛名が違う、書類の名前が違う、マクロを組んでもちょっとしたことで壊れますから。

耳が痛いです。Excelの間違い、経験あります(笑)

間違えやすいのに、請求書や見積書などの書類は、会社や事業主の「顔」でもあります。間違った書類を作成し、送付してしまえば、信用を失ってしまいますよね。メイクリープスを使えば、書類まわりの業務を正確に、確実に、簡単にすることができます。印刷して、封筒に入れて、宛名を書いて、切手を貼って…と、誰もがうんざりする郵送も、オンラインで簡単にできます。Excelで毎月発行して送付するより、圧倒的に時間が短縮できます。

書類業務に関わるストレスも軽減! お客様の躍進、夢を支えるサービス

履歴管理が自動的にできるのも便利ですね。

入金管理もできるんですよ。入金がない時、請求書をきちんと送ったか、不安になった経験がある人は多いですし、それを請求先に聞くのもストレスですよね。メイクリープスを使って請求書をデータ送信すれば開封確認もできるので、自信を持って「先日の請求はどうなっていますか?」と聞くことができます。郵送送付も履歴が残ります。

クリエイターは請求関連業務は苦手な人が多いので、業務そのものがすごくストレスなんですよね。 心理的にも時間的にも余裕ができるサービスは、本当に魅力的です。

書類業務が集中する月末は、たいがい仕事も忙しいですから、本当にストレスですよね(笑)。忙しくて貴重な時間を、封筒や切手を買いに行くことに費やす必要はまったくありません。社員や事業主は、もっと生産的なことに時間を使ってほしいし、使うべきだという想いで、サービスを開発・運営しています。

「メイクリープス」というサービス名にも、その想いは込められているそうですね。

メイク(Make)は「作る」、リープス(Leaps)は「躍進」との意味で、お客様の躍進、事業拡大のための時間や余裕を作り出すサービス、という想いが込められています。お客様の夢の実現を支えるサービスでありたいですね。

直感的にわかりやすいインターフェースが評判! 要望はすばやく対応して、より良いサービスに

直感的にわかりやすいインターフェースは、Web制作会社など、Webサービスのプロフェッショナルからも使いやすいと評判。

直感的にわかりやすいインターフェースは、Web制作会社など、Webサービスのプロフェッショナルからも使いやすいと評判。

競合サービスは他にもありますが、その中でもメイクリープスはわかりやすいインターフェースが魅力です。

ありがとうございます。Web制作会社など、Webサービスのプロフェッショナルな方に多く使っていただいているのも、そこが評価されているのかな、と感じています。請求業務なんて縁がなかった人でも、Webに慣れていない人でも、マニュアルなしで直感的にわかりやすいユーザーインターフェースを心がけています。また、ライブチャットでサポートチームがいつでも質問に対応できる体制をとっています。

アカウント登録をして、サービスを使い始めると、すぐにサポートチームとのライブチャットが立ち上がるのは心強いですね。

初めてのシステムを使う時は、どうしても多少のハードルはあると思います。悩みはみんな同じで、同じ質問も多く寄せられていますので、気軽に質問してほしいですね。同じ質問や要望が多く寄せられれば、すぐに対応しアップデートしていますので、それも使いやすさにつながっていると思います。メイクリープスは、システムチームとサポートやマーケティングチームとの連携が良いのも自慢なんですよ。

社内のコミュニケーションがうまく行っているんですね。

システムチームは、ネット上で出会った人たちが集った今の時代ならではのチームで、国籍がバラバラでワールドワイドなメンバーなんです。ですが、「お客様の夢を実現する手助けをする」ベクトルが同じ方向を向いているので、要望にはスピーディーに答えることができます。

「もうExcelには戻れない」有料プラン移行が増加中 クチコミで着実に導入数アップ!

メイクリープスは無料と有料のプランがありますが、有料プランユーザーは増えているのでしょうか?

有料プランの割合は、確実に増えていますね。クライアント5社までは無料なので、気軽に試してもらった結果、「もうExcelには戻れない」と有料プランに移行するお客様が増えています。法人化してからサービスを拡充し、有料に見合うだけのシステムになってきたことも大きいと思います。

お話を伺ったPR・広報担当の向原愛海さん。

お話を伺ったPR・広報担当担当の向原愛海さん。

導入数がここまで増えているのはサービスの評価が高いこともあると思いますが、PR戦略は?

大々的な広告は打っていないんですよ。新しいサービスは、広告を打つよりも、日本の場合は「クチコミ」が有効です。メイクリープスは、請求書などをセキュア送信すると、受け取った側はメイクリープスのページに行ってデータをダウンロードします。そこで「こんなサービスがあるんだ」と気づいてもらい、「便利だから、うちも検討しようかな」と広がっています。ダウンロードページを2回訪問すると、「メイクリープスのアカウントを作りませんか?」と誘導もしています。また、FacebookやTwitterでサービスについてシェアしたりつぶやいてもらうと、1メールポイントをプレゼント(郵送199円が1回分無料)する拡散施策も効果があります。

外部サービスとの連携を進行中 バックオフィス業務すべてを支えるサービスへ!

今後のサービス拡充の方向性は?

請求関連の悩みは尽きないので(笑)、まだ対応し切れていない要望に着実に答えていきたいです。例えば、取り扱う商品数が多いお客様は、毎回入力するのが面倒だとの声に応えて、請求書や納品書などの書類に記載する項目を商品として事前に登録できる「商品一覧」機能を、6月末に実装しました。また、現在提供しているサービスは、いわゆるバックオフィス業務のほんの一部です。自社開発にこだわらず、既存サービスと提携しながら、すべてのバックオフィス業務を支えるサービスにしたいですね。

例えば、どんな連携を考えていますか?

2014年12月に、会計ソフト大手の弥生シリーズと連携できるようになりました。他にも、新規開拓のCRMや、オンライン決済サービスとの連携が考えられます。今後も、お客様の夢をサポートするサービスとして、機能を充実させていきたいです。

取材日:2015年6月4日 ライター:植松

MakeLeaps(メイクリープス)

メイクリープスは、見積・納品・請求書をかんたん作成、管理、郵送できるクラウド型請求ソフトです。

公式サイト https://www.makeleaps.jp/

メイクリープス株式会社

  • 代表取締役CEO: ジェイ・ウィンダー
  • 所在地: 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-4-3 エクセル中目黒5階
  • 電話: 03-4550-1548 (平日9:00-18:00 土日祝休)
  • メール: contact@makeleaps.com
続きを読む